img-1

税理士の求人応募のポイント

雇用の流動化が進む中で、税理士などの国家資格は学生からも人気です。

高齢化社会で、資格があれば定年退職の心配がなくなるのも魅力です。



税理士の資格を持ったら、働き方は大きく分けて3つあります。

一つは税理士として会計事務所を開業、もう一つは会計事務所で勤務税理士として働きながら経験を積む、そしてもう一つが企業内税理士として働くことです。



一般企業で働く場合、車内で有資格者を求人しようという企業は希で、プロフェッショナルには公平性のあるアドバイスを受けるために、顧問契約でアウトソーシングするのが一般的です。



そのため、一般企業の求人では、有資格者としての採用枠ではなく、長所や得意分野としてのアピールにとどまり、どこまでの評価を受けられるかは資格の有無よりも、それを仕事に活かせているかどうかによります。



会計事務所の求人の場合、有資格者が何人いるかを確認するのがおすすめです。
中小規模の会計事務所では、有資格者は所長を含めて数名、ほかは補助者としてして働いている場合もあるので、有資格者の数で、会計事務所の規模や、自分に求められている役割を想定することができます。資格の勉強をしても、机上の勉強だけではなく、実際に役に立てるためには、会計事務所での職員としての勤務経験や、可能であれば実際の企業経営の現場も実地で確かめることができる職場がおすすめです。



自分でいろいろな経験をしてからのほうが、将来助言する立場になったら必ず役に立ちます。



関連リンク

img-2

携帯を活用して税理士の求人探し

携帯電話をうまく活用することが出来れば、税理士の求人を探す効率を格段に上げることが出来ます。どのようにして携帯電話を使って税理士の求人探しをするのかと言うと、それは当然ながらインターネット接続です。...

more
img-3

税理士の求人応募のポイント

雇用の流動化が進む中で、税理士などの国家資格は学生からも人気です。高齢化社会で、資格があれば定年退職の心配がなくなるのも魅力です。...

more